トピックス

HOME > トピックス

トピックス

災害時用バンダナができました!!

『耳がきこえない』ということは、周囲からはわかりづらく、災害時では、聴覚障がい者は避難所等で情報が届きにくいために、支援から取り残されるということがあります。そのような現状を踏まえて、支援が必要な方と支援する側をつなぐひとつの手段になることを願い『災害時用バンダナ』を作成しました。

このバンダナは、「耳が聞こえません」「手話ができます」「筆談ができます」の目印として活用できます。また、その他にも、手ぬぐいとしてや、防寒対策、怪我をした際の止血やマスク等…いろいろな使い道があります。


今回のバンダナ作成にあたり、手話サークルてのひらのメンバーのみなさんや、市内の手話奉仕員・手話通訳者の方からご意見をいただきました。

手話サークルてのひらは、聴覚障がい者と健聴者が一緒になり、手話を学んだり、レクリエーションを企画・開催をしながら活動をしている団体です。



災害時用バンダナは、障がいのある方や高齢者、また支援者へお渡しをしています。ぜひ、ご活用下さい。

配布は、総社市社会福祉協議会の窓口で行っています。


災害時用バンダナの受け渡し、ボランティア団体等についてのお問い合わせ先

総社市社会福祉協議会(0866-92-8555

災害時用バンダナの使い方(チラシ)



手話サークルてのひら総会の様子バンダナ1

(写真:手話サークルてのひら総会の様子《左》、バンダナをお渡ししました《右》)