社会福祉協議会概要

HOME > 社会福祉協議会概要 > 財政

財政

社協会費

社会福祉協議会(社協)は、住民が主体となって地域福祉活動を推進するために、その活動の大きな財源として住民の皆さんに社協の会員になっていただき、会費をお願いすることで、住民本位に立場で活動に取り組んでいくことをめざしています。
皆さんのご協力をお願いいたします。

社協の会員は、皆さんの自主的な判断によるご協力(ご入金)をお願いをしています。

会員区分 会費額(年額)
普通会員 1,000円
賛助会員 2,000円
特別会員 5,000円
加入方法

地区社協を構成されている方々のご協力を得て、お願いにまわらせていただきます。

寄付金

皆さんから寄せられる一般寄附や香典返しなど善意の寄付金は、ご寄付いただいた方の趣旨に添うように、社会福祉協議会が推進している福祉事業の活動費として役立っています。

共同募金

毎年10月1日~12月31日を運動期間として、概ね全戸にご協力をお願いする戸別募金や企業に依頼する企業募金、学校募金、啓発活動として行う街頭募金、お勤めの会社などでお願いする職域募金などの共同募金活動を行っています。

共同募金は、民間の社会福祉を支援するための計画募金として、あらかじめ地域福祉関連の活動をしたい団体から申請を受け付け、配分先を予定したうえで募金活動を行っています。そして、皆さんから寄せられた貴重な募金は、岡山県共同募金会へ納められ、翌年度に民間の福祉施設や社会福祉協議会の事業などに配分されています。

補助金

社会福祉協議会の活動は、公共性・公益性が高いことから、総社市からふれあいサロン事業などの補助金が交付されています。

委託事業費

総社市からの委託として、専門相談支援機関(障がい者基幹相談支援センター・障がい者地域活動支援センター・発達障がい支援・障がい者千人雇用センター・権利擁護センター・生活困窮支援センター)、生活支援サービス、ボランティア、在宅福祉サービス関連、給食サービス、介護予防拠点施設の指定管理などを受け、活動をしています。

介護保険や障がい福祉サービスによる収益

介護保険事業(居宅介護支援事業、訪問介護事業)や障がい福祉サービス事業(居宅介護事業)の収益があります。

予算・決算ほか

事業計画・事業報告

Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、バナーをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてお使い下さい。