主な活動

HOME > 主な活動 > ボランティア

ボランティア

みんなのやさしさを引き出し みんながやさしさを表現できるまちをめざして

総社市ボランティアセンター

総社市社会福祉協議会では、住民の福祉意識の高揚とボランティア活動の振興を図り、もって地域福祉・在宅福祉の向上に資することを目的として「総社市ボランティアセンター」を設置しています。

ボランティア国際年(2001年)の目的
  1. ボランティア活動に対する理解を深めること(recognition)
  2. ボランティア活動への参加を容易にすること(facilitation)
  3. ボランティア活動のネットワーク化(networking)
  4. ボランティア活動を促進すること(promotion)
ボランティアの4本柱
1.自主性 地域の様々な問題を自分たちの問題としてとらえ、自主的に取り組む活動。
2.福祉性 自発性に基づく行動が、多くの人々の福祉向上につながる活動。
3.継続性 その場限りでなく、少しずつでもいいから長く活動に参加して、仲間をつくり、活動経験を通して、ともに生きている気持ちを育てていく活動。
4.無報酬性 お金やものなどの見返りを期待するものではなく、お金では買えない思いやりの気持ちを育て、ボランティア自身が成長する活動。
ボランティア事業内容
  • ボランティアの登録、斡旋、コーディネート
  • 各種ボランティアの養成(ジュニア、子育てサロンサポーター、シニア 他)
  • 夏のボランティア体験
  • ボランティアグループ研修会及び交流会
ボランティアグループ活動助成事業

ボランティア精神の高揚・意識の啓発を図るため、本会に登録のあるボランティアグループ対して、活動費の一部を助成します。

助成対象グループ
  • 本会総社市ボランティアセンターに登録のあるグループ
  • 総社市内で、年6回以上、実施計画書により申請されている活動

福祉教育連絡会

小中学校における総合的な学習の時間での「福祉」をテーマにした学習の実施が活発化していることから、市内全小中学校の福祉教育担当者や障がいがある当事者、地域住民等が集い、福祉教育の重要性や教育現場の実情をそれぞれが理解し、福祉教育の推進を図ることを目的として連絡会を開催する。

福祉教育セミナーの開催

児童・生徒の福祉に対する意識の高揚と知識を習得する機会の提供に努めるため、学校教職員、地域住民等を対象としたセミナーを開催する。

社会福祉学習支援事業

学校、企業、市民等を対象に、福祉を通して、すべての人を個人として尊重し、思いやりの心を持って、ともに生きる社会づくりに必要な学習を支援しています。

  • 地域で身近に暮らしている人たちとの交流を通じて、様々な生活や生き方があることを学び、思いやりを持った実践的態度を育成する。
    (高齢者・障がい者・ひとり暮らしの人・外国人・妊婦・児童生徒学生等)
  • 福祉問題、福祉活動の意味や役割について学ぶ
  • みんな同じ地域で暮らしている「対等な個人」としてとらえる見方を学ぶ。
Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、バナーをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてお使い下さい。

関連活動予定・報告